準新作 痴漢記録日記 vol.17【#レイプ #エロ動画 #無料サンプル 2019/12/1人気AVランキング-レイプ2位】


ありふれた日常の中に隠された実録痴漢映像第17弾!夏を前に痴漢たちの血が騒ぎ出す…抑えきれない衝動を発散するかのように、何も知らない女性たちに襲いかかる汚れた手!複数の男に囲まれ、寄ってたかって股間を犯されるOL、パンツを剥ぎ取られノーパンで降ろされるJD、思いもしない場所で寝取られる人妻…まさに異常…しかし、痴漢に感じる女がいる!陵辱され悦ぶ女もまた事実!痴漢堕ちの真実を是非ごらんください!駅に到着する間に繰り広げられる、誰にも言えない当事者だけの秘密の時間がここにある…。【1人目】飾り気のないリクルートスーツを着た新社会人を痴漢が襲う!抵抗していたターゲットの股間から聞こえだす卑猥な音!差し込まれる指に絡まるスケベ汁!変態な股間に驚愕です…。【2人目】左手薬指に光る結婚指輪。痴漢に抵抗するように見せつけるも、人妻の体は快楽に反応する!漏れる声、震える股間、他人の指に寝取られる背徳感がたまらない!【3人目】素直に痴漢を受け入れていくおさない体…。知らない男の指なんて汚らしい…そうは思っていても感じてしまう股間と揺れる心。信じられない量のスケベ汁を溢れさせ思春期の体が汚れ始める!【4人目】偶然に乗り込んだ車内に感じた違和感…すでにそこは欲望が渦巻いていた!囲まれるOL、群がる男!他の乗客など御構い無しに襲いかかる痴漢に歪む顔…見えないところで何が起きているのか…それはこの映像を見た人にしかわからない…。【5人目】外道とはまさにこのこと!下着を剥ぎ取られ、股間を丸出しにされた状態で嬲られ続けるミニスカJD。今にも泣き出しそうな顔で恐怖を訴えるも誰の耳にも届かない…散々おもちゃにされた挙句、そのまま電車を降ろされた彼女は何を思うのか…。全5名:10シーン※カラー映像と赤外線映像は別シーンとなります。



作品詳細

女優名
価格 3,850円
商品番号 molestic-0017
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着アダルト動画サンプル

コメント

    • KZZ
    • 2019年 8月 13日

    今回はなんといっても上カメの進化具合が素晴らしい。下の現場まで抑えてるので見応えが上がり、下カメは下カメで更に激しい行為が押さえられてるので2度おいしい。正面からの表情を長めに撮ったり、吐息を捉えてる等抜群の出来栄えだと思う。このレベルを維持して欲しい

    • かなちゃん。
    • 2019年 8月 15日

    過去に購入した痴漢記録日記の中で 一番良かったです。 紐パンの女の子のシーンがもっと長いといいなぁって 感じました。 女の子の表情も少しですが見えて 声も少し聞けて臨場感があります。 このシリーズを毎回見て思うのですが マルチアングルにして欲しいですね。

    • ヤマちゃんさん
    • 2019年 9月 06日

    いつもはパッケージ版を購入していたのですが今回まだパッケージ版が発売されてないので初めてダウンロードしてみました。それでは感想を。 1人目から早速上カメがスカートの方まで降りていき直に触られてるところがよく見えるようにしてくれています。 毎回上カメラは下の方は影になっててよく見えない感じでしたが今回のはライトも使用しているのか捲られた先のパンツまでよく見えています。1人目は痴漢にパンツの中まで手を入れられていますがそれを上カメで確認できるし、2人目も痴漢に高速で手マンされてるのが上カメで確認出来ます。こういうのが見たかったんですよねぇ。それでいてちゃんと痴漢されている娘たちの表情も映してくれています。臨場感が上がっているので今までの記録日記では物足りないという方も結構満足できるのではないでしょうか。

    • スナちゃん
    • 2019年 10月 03日

    今回の作品は痴漢記録日記の中でもかなり良作だと思いました。 3人目のJKが特に良かったです。めっちゃ感じてて声我慢してるけど、やっぱ漏れてしまうあたりはツボでした。実際の電車内で撮影しており、他の作品と比較して圧倒的に臨場感があります。 あとは上カメと下カメの映像を一緒にしてくれたら、完璧だと思います。

    • オッサム
    • 2019年 11月 25日

    Vol.17の見どころは1人目だと思います!!上カメがいきなり飛ばしていきます!ぜひ見ていただきたいです。こんなにカメラが突っ込んで行くのはなかなかないと思います。正直笑いました(笑)がそこにリアルな感じを受けました。もちろん下カメも良い仕上がりになっています。2人目、3人目、4人目とバランスが良いし今回は全体的に良かったと思いました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新のコメント

アーカイブ

ページ上部へ戻る